大家族の暮らしを家事ラク動線でつなぐ二世帯住宅

有限会社マルハ白都建設
〒432-8068 浜松市西区大平台3-28-17

メニューを開く

このページの先頭にもどる

case_newly施工事例

浜松市

大家族の暮らしを家事ラク動線でつなぐ二世帯住宅

建築家と一緒に建てる『ARRCH』の家づくりが気に入って二世帯住宅を建てたTさん。1階は共有スペースと親世帯の個室、2階は子世帯のスペース。上下階のボリュームのギャップを活かし、平屋と2階建て部分のコントラストが個性的な外観が実現した。忙しい大家族の暮らしを考慮して、室内は効率的な動線を重視。1階の中央にファミリークローゼットを設け、洗濯物を「洗う・干す・しまう」動線を最短距離にした。共有のLDKは、二世帯一緒にくつろげる空間に。リビングのみ天井の高さに変化をつけ、レンガ貼りの壁でプレシャス感を演出した。一方、2階は仕切りを無くし、子ども部屋やセカンドリビングなどに使える多目的スペースを確保。共有空間とプライベート空間を家事ラク動線でつないだ住まいは、暮らしやすさも抜群だ。

アカシアの無垢の床、アンティークレンガ貼りのアクセントウォール、モルタルの腰壁と、それぞれの素材感が個性を醸し出すLDK。2世帯一緒にのびのびとくつろげる

炭入りモルタルで仕上げられたキッチンカウンターは、まるで

おしゃれなカフェやビストロを彷彿とさせる。

リビングとダイニングは天井の高さに変化をつけることで、空間の広がりにメリハリを演出。

TV背面のアンティークレンガ貼りの壁はご主人のこだわり。アカシアの無垢ともベストマッチ

2階のフリースペースに設けた子ども用のロフト。

机とハンガー掛けの上にベッドスペースがあり、子ども部屋に必要なアイテムをコンパクトに集約

洗面脱衣室の向かいにファミリークローゼットを配し天井に

室内干しを設置。乾いたらハンガーに移動するだけで済み、

洗濯の動線を画期的に短縮。外干し用の勝手口もある

家族が多いので、朝の忙しい時間に家族が同時に仕度ができるよう、

洗面ボウルとミラーを2つずつ設置

玄関は、家族みんなで入っても窮屈にならない広さと、お洒落な一家の靴が全て

収まる大容量シューズクローゼットを確保。土間はキッチン同様、炭入りモルタル

でインダストリアルに仕上げた