自然と共に暮らす 家族の絆と愛情が深まる家

有限会社マルハ白都建設
〒432-8068 浜松市西区大平台3-28-17

メニューを開く

このページの先頭にもどる

case_newly施工事例

浜松市

自然と共に暮らす 家族の絆と愛情が深まる家

自然と共に暮らす 家族の絆と愛情が深まる家

環境のいい住空間は、家屋に癒しや和みをもたらし、心身共に休まる安らぎの場であると共に、明日への活力を与える。

そんな空間での日常を重ねることでどんどん住み心地が良くなる家。


夕景に浮き立つ白の外観が美しい佇まい。日中に採光を充分に確保するため、建物を東西に長くした。

建物を横長にするとのっぺりしがちなファサードに凹凸をつけることで、奥行き感を強調。
 


光をたっぷり採り込むために、スペースを東西に長くしたLDK。室内全体に光が行き届き、爽やかな風がそよぐ。
 


キッチンに立つとLDK全体を見渡せる。造作のカップボードは収納力も見映えもバッチリ。

キッチンの腰壁がLDKのアクセントになっている。ワークトップの手元を隠すため、腰壁は高めに設定。
 


ストリップ階段に面した壁面のデッドスペースを収納に利用。細々とした生活用品を収めてリビングをいつもキレイに保つことができる。
 


部屋干しも出来る広々した陽当たり抜群の洗面所。
 


ダイニングとリビング、小上がりを一直線上に配置。どのスペースにいても家族の様子がよくわかる。
 


LDKのどのスペースにも掃出し窓を設け、外の自然を身近に感じられるようにした。小上がりにちょっと腰を下ろして庭を眺めながら寛ぐのも心地よい。
 


小上がりはシンプルな和モダンスタイル。床の間や押入れもしっかりと備わっている。

床の間には間接照明を加え、雛人形や生花、陶器などを飾った時に映えるようにした。
 


北玄関は暗くなりがちなので、スペースを広々と確保。

玄関のすぐ正面には手洗い場を設け、子どもが帰って来た時にすぐに手洗い・うがいができるようにした。

食品類をまとめ買いすることが多い奥さまのために、キッチンへのアクセスも短縮。キッチン裏のカップボードは玄関からも出し入れ可能
 


小屋裏収納に繋がる書斎。ワクワクする秘密基地。